2018年1月16日火曜日

歩行不能

 13日~16日@モンユア
 朝、右膝の痛みで目が覚める、動かさなければ痛くはないのだけれど、一寸動かすとかなり痛い、写真のホテルの4階、それでもどうにか朝食の為に階下によろよろと降りていった、それを見たホテルスタッフが朝食は部屋に運んでくれるような仕草(英語が通じない)だったので部屋に戻る。
 程なく朝食は部屋に運ばれたのだが、膝の激痛で歩行不能に、どうにかベッドや壁を支えに左足で立ち上がる事は出来ても、右膝の激痛で立ち続ける事は出来ない、ベッドの端から1mも離れていないようなトイレに行くのに、冷や汗タラタラで30分程もかかる、そして困ったのがフロントへの連絡、部屋に電話はない、ここのネットの繋がりも良くないしホームページやらも持っていなさそう、自前のルーターも残金不足で使用不能、タイの携帯を使って(ローミング)フロントへ連絡、とりあえず自前のルーターシムへチャージするためカードの購入を頼む、ネットも電話も使えるようになってどうにか餓死だけは回避(笑)出来そう。
 しかし、ここでの動けない4日間は大変だった、初日は色々とパニクッたんだけど、外部との連絡、ここのWiFiにほとんど繋がらない(ルーターから離れている)のでネットが使えない、タイの携帯を使う事で窮地は脱出出来たんだけど、もしタイの携帯がなければ日本のスマホでローミングって事になっていたんだろうと思う。
 もしそれらを持っていなかったら、それこそ大変だったんだろうと思う、5泊したんだけど一回だってシーツ・タオルも取り換えなければ、掃除にも来なかった、フロントに電話をしなければ、気を利かせて朝食を運んでくれる事もなかった、そして必ず一回では用は済まなかった、朝食は決まっていて、トースト3枚、フライドポテト、卵料理(スクランブルとか目玉焼き)、果物盛り合わせ、オレンジジュース、インスタントの飲み物(コーヒー・紅茶・グリーンティ)、最初の朝食であまりにも油の匂いが鼻につくのでフライドポテト・卵はいらないって言ったのに全部持って来た、さて、コーヒーでも飲もうという時になってポットが空なのが判明!、次の日はポットもカップも持って来ない、その次はカップはあったがポットは忘れた!
 その後、トースト・卵・フライドポテトは持って来なくなった(毎回要らないって電話で言った)んだけど、胡椒・塩・バター・ジャムは必ず付いた(これは絶対に忘れない)こんな状況なので具合は益々良くない。

0 件のコメント:

コメントを投稿