2017年11月14日火曜日

モレ ⇔ タム

 5時に目が覚める、昼間や夜はネットが遅いので早朝がベスト、外を見ると人がちらほらと見える、朝早くからお仕事ご苦労さんです。
 6時頃向かいの市場に朝食に、これがまた汚い所なんだけどしょうがない、これで20ルピー。
 その後ホテルに帰ってネット、いい時間になったら、今日は開かれているミャンマー・マーケットに行って見ようと思う。
 ここへ来る前にインパールで両替をしようと思ったら日曜日、国境なら両替も可能だろうとやって来たのだが、ここには両替屋はないと言う、銀行に行ってみたのだがドルも円も不可、ホテルの兄ちゃんに訊いたらミャンマー・マーケットなら両替屋がいると言うのだ。
 で、昨日閉まっていたゲートに行ってみると開いている、出入り口には兵隊がいて、I-Pass保持者のみとかの看板なんかもある、訊いてみたらやはり通れない、両替をしないと困るので、どうしたものかとウロウロしていたら不思議な事にタムの街に入っているではないか(笑)、かなり大きなマーケットでインド側よりも賑やかで道もよさそう、早速それらしき人に両替を頼む、コルカタよりレートは落ちるが仕方ない、その後マーケットをうろついていたらまたまた不思議な事にモレの街に戻っている(笑)、ホッとして小エビのかき揚げを摘まんでホテルに帰る。
 午後暇なので床屋に行ってみました、こんな小汚い所しか見当たりません、値段は散髪30ルピー、髭剃り20ルピーだそうです、ミャンマーでしこたまルピーを手に入れたお金持ちなので当然フルコースでお願いしました(笑)
 モレにあった2階なのに「サンガイ・ロッジ」とはこれ如何にってロッジ。
 サンガイって何という意味なんだろう、サンガイ・フェスティバルって垂れ幕も見た。

 今日ウロウロとした軌跡の地図↓、ウロウロしたと言うわりにはしっかりとした足跡じゃないか(笑)


ここの国境が再開される日の為の記録、2017年11月現在
 モレ(インド)に両替商はいない、銀行も目に付く所は全部行ってみたがドルも円も両替出来ない、タム(ミャンマー)から毎日物売りが来ているので小銭くらいなら替えられるかも。
 ミャンマーからインドの場合は国境のミャンマー・マーケットでインドルピーを買って来る事、インドからミャンマーならモレ(インド)で使い切るかミャンマー・マーケットで両替可能。
 モレ(インド)からインパールまで乗り合いバンでおよそ3時間、500ルピー、国境から乗り場まで徒歩約10分。
 
 私がこの国境に到着した日は月曜日だったのだが、ミャンマー・マーケットはクローズされていた、月曜日はクローズなのか祭日でクローズなのかは定かではない。

2 件のコメント:

  1. インド ミャンマー 行ったり来たりほんとうにウロウロしてるんですね 笑 しかし爺パッカー恐るべし ^^

    返信削除
  2. そりゃウロウロしにきたんですから。

    返信削除